手打ち 一時そば (店主の軟式ホームページ)
(いっとぎあがって休んでがいん)
口コミ B.L 40代 (男性)
2017.3.3訪問 B.L 40代 (男性)

い~ぬ~の散歩!ワンワン!・・・コカコーラのロゴが入った

ヨーヨーをしながら歩いていると、なにやら「手打ちそば」の看板を発見!

しかし、今日は土曜日なのに定休日とは・・・火曜日と土曜日が定休日、

週休2日でこんな所に手打ちそば屋?

きっと手打ち蕎麦への情熱が有り余る定年退職オヤジが

老後の趣味で始めたのであろう・・・

数日後のい~ぬ~の散歩!ワンワン・・・今日はやっているようだ、

入りづらい家いや、店だが、私は自称ブルース・リー、

映画「死亡遊戯」のラストシーンのように門への階段を駆け上がってみれば、

「オ・ホ・ホォ~」玄関からして普通の家だ、しかも古い。

なんとも怪しげな家、いや店だが、勇気を出して入って見ることにしよう!

なぜなら、私は自称ブルース・リー

扉を開けると、センサーチャイムが鳴った!近代的~!

しかし、その音をかき消すかのようなドアのきしむ音が・・・

センサーチャイムの意味なし。

「いらっしゃいませ・・・」

やはり予想したとおりの蕎麦に対する情熱はローラみたいな店主かと思いきや、

やる気のなさそうな50歳前後の気合の足りない店主が出てきた。

宗教の勧誘の振りをして引き返そうかと思ったが、

なぜなら私は自称ブルース・リー、

ヌンチャクを首に下げて、座席に着いてみた。

和風の畳の座敷だ・・・子供連れには良いであろう。

中は予想外に広いが高級感は特にない。

とりあえず、普通にもりそばの普通盛りを頼もうとしたら、無い。

ライト級というのが普通盛りらしい。

ふざけた店主だと思ったら、読んでみると

ボクシングのライト級は130~135パウンド、

どうやら135gほどの蕎麦らしい。

するとヘビーは200g以上とうことか?

計算され尽くしたギャグなのか?

それとも正直なだけが取り柄というやつなのか?

裏メニューを見ると

ビールでも飲みながら待とうかと思ったら、第三のビールがある!

もちろん安い・・・親切だ、いや、これは作戦なのかもしれない。

安さにつられて2本飲めばビールよりも高い!

冷酒もあり、半合とは言え250円~とは粋な値段だ~。

更にはジュース持ち込み可?

親切な店主だ・・・それとも本当に面倒なだけか?

油断せずに待とうしたが、窓からの木漏れ日が余計に静けさを増長させ、

リラックス感が増していく~。

BGMは東北放送ラジオ!東北放送の職員が来ることを期待して

かけているのだろうか? 「バカですね~♪」 氷川きよしの歌声か・・

さらには素人が手入れをしているようなぱっとしない庭を

野良猫がのんびり歩いていく。

そしてヤチョウー!いや普通に語れば野鳥までが

庭に舞い降りてきて、よく見ると山菜までもが生えている。

もはや「人生の楽園」に出てきそうな、家いや店だ。

眠りに落ちそうになった時、蕎麦が運ばれてきた!

期待はしていなかったのだが・・・何だ?この蕎麦の輝きは?

テーブルが貧相だから余計に輝くのであろうか・・・

そして私は自称ブルース・リー、ヌンチャクを箸代りに

蕎麦をすすってみれば・・・・アチョー!

何だ!この蕎麦の味は???

映画「ドラゴン危機一髪」のヒロイン、ノラ・ミャオのような麗しき香り

「燃えよドラゴン」のラストシーンで鏡がくるくる回るような滑らかさ

「怒りの鉄拳」で初披露したヌンチャクの鎖のような腰の強さ

そして蕎麦つゆの味は「ドラゴンへの道」でのイタリアのコロッセオで

チャック・ノリスと戦った時のような、、、ボーノだ!

この蕎麦の美味さは、店構えがぱっとせず期待しなかった分の反動、、、

つまりはクロスカウンターをくらったということだけなのだろうか?。

それとも、これぞまさに 「Don’t think. feel!」 

月を指さしてブルー・スリーが語った言葉。

「考えるな、感じるんだ」 でいうところの

本当の味ということなのだろか?

なぜなら私は自称ブルース・リー、

もう一度再戦することを誓い、店主にグッドの右拳を見せて、

微笑みを隠しつつ店を去った。


注:この口コミは店主が客観的に書いたもので、
実際の店の様子および蕎麦の味とは一切関係ありません。笑

さて、当店では皆様からのご意見・ご感想(口コミ)を
当ブログに掲載いたしまして、
新規の皆様への情報提供とサービス改善の参考にしたいと考えております。

当店で食べてくだされたあなた!

一行でも良いのですから、ご感想をお寄せください。

よろしくお願いいたします。



コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/03/07 21:28] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



カテゴリ



スポンサードリンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最新記事



最新コメント



プロフィール

千葉 一時

Author:千葉 一時
蕎麦包丁を得物に今日を生きる
子連れ狼!



スポンサードリンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサードリンク